RHEL/OracleLinux/CentOSにNginxのインストールする手順

RHEL/OracleLinux/CentOSにインストールする手順を紹介します。

本手順は全てのdnfコマンドを使用し、全てのディストリビューションで使用することができます。

なお今回はOracleLinuxを使用しております。

目次

インストール手順

インストールコマンドは以下になります。

dnf install -y nginx

起動・停止方法

起動・停止やOS起動時の挙動設定をまとめました。

  • 起動コマンド
systemctl start nginx.service 
  • 停止コマンド
systemctl stop nginx.service 
  • OS起動時の自動起動有効化
systemctl disable nginx.service 
  • OS起動時の自動起動無効化
systemctl disable nginx.service 

インストール後の確認

まずはNginxと起動と自動起動設定を有効化しましょう。

systemctl srart firewalld
systemctl disable firewalld

↓が実施ログです。

$ systemctl start nginx.service
$ systemctl enable nginx.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/nginx.service to /usr/lib/systemd/system/nginx.service.
[root@centos7-local ~]#

Nginxを起動後、Webブラウザで「http://IPアドレス」 と入力してアクセスしてみましょう。

私の環境はIPアドレスが192.168.56.101なので、「http://192.168.56.101/」 となります。

下の画面が出力されればインストールが完了しました。

インストールしたがWebブラウザで繋がらない時は?

OSのセキュリティ設定によってはブラウザからアクセスできない場合があります。

そんな時はHTTPとHTTPSのファイアウォールを有効化しましょう。

Centosの標準ファイアウォール「firewalld」を停止する手順は以下になります。

firewall-cmd --zone=public --add-service=http --permanent
firewall-cmd --zone=public --add-service=https --permanent
firewall-cmd --list-all

firewall-cmd –list-allを使用して設定を確認します。servicesの部分にhttpとhttpsがあれば接続できます。

# firewall-cmd --list-all
public (active)
  target: default
  icmp-block-inversion: no
  interfaces: eth0
  sources:
  services: cockpit dhcpv6-client http https ssh
  ports:
  protocols:
  masquerade: no
  forward-ports:
  source-ports:
  icmp-blocks:
  rich rules:
created by Rinker
¥2,895 (2022/10/05 09:22:46時点 Amazon調べ-詳細)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次